注意したい資産運用

実は1番危険!?外貨預金を絶対おすすめしない理由を分かりやすく解説

銀行にある程度の貯金がたまってくると外貨預金をおすすめされたことはありませんか?

 

外貨で預金すると金利が日本円よりも大きいのでお得ですよ。
日本円以外の預金も保有しているとリスク分散になりますよ。

 

外貨預金の利息は確かに高く、ものによっては1%以上の利回りのものもあります。

 

貯金しているだけで利息が1%以上も貰えるなんてお得だわ!

 

そう思った方もちょっと待ってくください。外貨預金は一見安全でお得そうに見えますが実は一番危険です!ハッキリ言って絶対おすすめしないです!今回はその理由を解説していきます。

 

外貨預金とは?

まず外貨預金がどんなものかを確認しておきましょう。

 

外貨預金はその名の通り外貨での預金です。日本が超低金利なので基本的に外貨建ての預金の方が金利が高いです。日本円の普通預金金利は0.001%ですが、外貨ですと1%以上のものもあります。

 

さらに、外貨と一言で言っても種類はたくさんありますので、利息や国のカントリーリスク等を考慮して通貨を選ぶことができます。

 

外貨預金の利回り比較

それでは、外貨預金にはどんな種類があるでしょうか。1年の金利を比較してみましょう。

 

 

米ドルやユーロ、豪ドルといった先進国ではほとんど利息がつきませんが、南アランドやブラジルレアル、中国元といった新興国では利息が大きくなっています。新興国の方がカントリーリスクが高い一方で先進国よりも利息が高いのが一般的です。

 

米ドルも新興国と比べると金利は小さいですが、0.15%ありますので日本円(0.001%)と比べると100倍以上高くなっています。

 

そういわれると、話を聞く限りではなんとなく良さそうな感じもしますよね。冒険するなら新興国の通貨、固くいくなら米ドル、という感じで始めてしまう人が多いのも納得です。

 

一般の人が外貨預金を選ぶ理由

恐らく一般の人が外貨預金に抱いているイメージは次のようなものではないでしょうか。

 

外貨預金のイメージ

◆預金だから安全そう

◆もらえる利息が大きい

◆安定していて利回りが良さそう

 

確かに表面だけを見ると外貨預金は安全そうで利回りの良い運用に見えるかもしれません。

 

ですが、外貨預金は安全そうに見えて実は一番危ない運用手法です。絶対におすすめしないです。その理由を見ていきましょう。

 

外貨預金を絶対におすすめしない理由

資産運用での要チェックポイント

資産運用の良し悪しを判断する時、非常に大切な事は何でしょうか?それは、きちんとお金の流れを追うことです。

 

資産運用での要チェックポイント

◆預けたお金はどうなるのか

◆手数料はいつどのように引かれるのか

◆返金はどのように行われるのか

◆最終的な損益はどのように考えればいいのか

 

基本的に銀行などの金融機関は自分達に都合の良いことしか言いません。リスクだったり本当に重要なことは資料の片隅に小さく書いてあります(笑)

 

相手の説明を鵜呑みにするだけではなく、一連のお金の流れを自分でも追ってみる事が大切です。

 

実は○○が非常にハイリスク

それでは、外貨預金で実際に資産運用するとお金の流れはどうなるでしょうか。仮に1000万円を預けてみたとしましょう。簡単に書くとこちらです。

 

 

確かに金利は日本よりも大きく税後で0.12%の利息がもらえました。ですが、米ドルを日本円に戻す必要がありますので、仮に10円分の円高になったとすると最終的に99万円の損失が出ています。

 

利息で儲かったけど為替レートで損をしたという状況ですね。いわゆる為替リスクと呼ばれるものです。これが、もし円安に進んでいれば逆に利益が出ることになります。

 

つまりまとめると、利息は確かに日本と比べると大きかったですが、為替の動きに比べると非常に小さく、結局為替レートの動き次第で損得が決まった、ということになります。

 

為替レートはプロでも予測不可能

円安になれば利益が出るんだから別に良いんじゃないの?

 

そう思われた方もいるかもしれません。確かに円安になれば利益は出ますが、為替の動きは資産運用の世界の中で最も予想が難しく、プロであっても手を出してはいけない投資と言われています。ましてや一般の個人は絶対に手を出すべきではありません。

 

外貨預金では為替レートによって元本の価値が大きく動きますので、多少金利が高かったところで何の意味もありません。

 

円安になることを期待するだけのギャンブルになってしまうのです。

 

さらに、もっと厳密に言えば日本円を外貨に換える時や外貨から日本円に戻すときに手数料も取られます。外貨預金で確実に儲かるのは換金の手数料を得る銀行だけなのです。

 

まとめ

高い金利に目がくらんでつい外貨預金をやりたくなってしまいますが、やらないように気を付けましょう。

 

さらに、銀行によっては最初の1ヶ月だけ「10%」や「30%」といった超高金利をアピールして募集している所もあるので注意して下さい。

 

この超高金利は最初の1ヶ月だけですし、結局最終的な損益は為替レート次第なので何の意味ありません。

 

外貨預金の一見よさそうなメリットに要注意

利息が高い → 実は為替レートで損得が決まるので利息が高くても意味がない

 

外貨預金は一見良さそうに見えますが、選ぶメリットはありません。絶対におすすめしないです。

 

それよりも初心者の方が資産運用するのであれば手堅く安定的な利回りが狙えるヘッジファンドがおすすめです。

 

ヘッジファンドは元々欧米の富裕層向けのサービスでしたが、最近日本でも人気を博しています。

 

ヘッジファンドが気になる方はぜひ下記のヘッジファンドランキングを確認してみて下さい。

 

運用初心者の方に自信を持っておすすめ!!
RELATED POST