注意したい資産運用

【金融庁もダメ出し】ファンドラップは超ひどい!評判が悪くおすすめしない理由とは

ファンドラップは誰でも利用できるわけではなく、例えば野村證券では500万円以上から使える富裕層向けのサービスとなっています。

 

富裕層向けと聞くと高品質なサービスだと勘違いしてしまいますが事実は全く異なり、ファンドラップは金融庁もダメ出しするほどの絶対に選んではいけない商品です。

 

ファンドラップでの運用をご検討している方、購入してしまう前に一度立ち止まってよくよく検討してみて下さい。本記事も参考になるはずですのでぜひご一読ください。

 

ファンドラップの仕組みとは

ファンドラップの概要

そもそもファンドラップとはどのようなものなのでしょうか?野村証券を例に見ていきましょう。野村ファンドラップでは次のような説明になっています。

 

「お客様のお考えをもとに、お客様にかわり、資産運用をする投資一任サービスです。」

 

そして、野村ファンドラップでは2種類のコースがありそれぞれ最低契約金額が決まっています。

 

  • バリュー・プログラム:500万円から
  • プレミア・プログラム:1000万円から

 

最低でも500万円以上ないと契約できなくて投資家に合わせてオーダーメイドで資産運用してもらえるのであれば、期待できそうなサービスですよね!

 

でも実際の所はどうでしょうか。雰囲気に惑わされずその実態をきちんとチェックしていきましょう。

 

実際のファンドラップの流れ

ファンドラップを利用すると、主な内容は2つです。

 

運用プランの策定 ヒアリングシートを用いてオーダーメイドの運用プランを策定
運用商品の選定 運用プランに合わせて投資先の商品を選定

 

投資家の意向を組んでそれを実現する運用ポートフォリオを組むというのが、一応ファンドラップの役割です。

 

ですが、実際にはヒアリングの内容は簡単なアンケート程度のものですし、運用先も何でも自由に選べるわけではなく系列会社の投資信託で運用するだけのことが多いです。

 

それでいながら手数料は高く、一般的な投資信託の手数料を大幅に超えています。

 

管理人 武田
管理人 武田
結局、投資信託を買うだけならわざわざ高い手数料を払う必要があるでしょうか??

 

ファンドラップの驚愕の実態

ファンドラップは投資家に合わせてオーダーメイドですごい運用をしてくれるわけではありません。投資信託を代わりに買ってくれるだけです。

 

しかも系列会社の商品から選ばれるので自分で選ぶよりも選択肢は減ります。

 

ファンドラップの実態

× オーダーメイドですごい資産運用をしてくれる。

○ 実際には投資信託を代わりに買ってくれるだけ。しかも系列会社が優先して選ばれるので選択肢は減る。

 

なぜファンドラップが生まれたのか?

残酷な現実を理解しよう

こうして見てみるとファンドラップの果たす役割は、全然ないように思えます。では、なぜファンドラップは生まれたのでしょうか。

 

ファンドラップが生まれた理由は明確です。

・・・・それは、「証券会社が儲かるから」です。

 

証券会社の収益の中心は、金融商品を買ったり売ったりする際に得られる売買手数料でした。

 

そのため、投資家に投資信託の買い替えをおすすめすることで大きな利益を上げていましたが、この回転売買は顧客本位ではないとして金融庁に問題視され指摘されました。

 

そこで、力を入れているのがファンドラップなのです。

 

ファンドラップがおすすめされる理由

証券会社が圧倒的に儲かるから

 

ファンドラップの手数料の仕組み

ファンドラップでは、年間の手数料が1.5%程度かかります。これはかなり高い水準です。投資信託を選ぶだけでこれだけの手数料が入るのはめちゃくちゃおいしいです。

 

さらに、手数料はこれで終わりではありません。運用先の投資信託での手数料もありますので、ファンドラップと投資信託で二重に手数料がかかります。

 

販売する側から見れば、ただでさえ高い手数料が取れる上に、投資信託も合わせて二重に手数料が取れますので非常においしい金融商品なのです。

 

なので、当然運用先の投資信託もグループ会社の商品になってきます。

 

管理人 武田
管理人 武田
「投資家に合わせた運用プラン」と言っておきながら高い手数料を取れる投資信託を選んでいるだけの可能性もあります。ファンドラップには本当に注意して下さい。

 

ファンドラップが金融庁にダメ出しされる理由

見てきたようにファンドラップは圧倒的に証券会社が儲かる商品で投資家へのリターンが少ないです。全くを持って顧客本位とは言えません。

 

証券会社はこれまでも投資信託の回転売買等で金融庁から注意喚起を出されてきました。

 

歴史は繰り返します。

 

ファンドラップが金融庁から監視を強化されるのも時間の問題だと思います。

 

金融庁が注意喚起している商品は他にもありますのでそちらも注意して下さい。

【金融庁もダメ出し】外貨建保険は危険!大損!やってはいけない!トラブルの理由を徹底解説! プルデンシャルやソニー生命、メットライフ生命などから保険をすすめられたことはありませんか? 特に「外貨建保...

 

運用をプロに完全に任せたいなら

プロに任せるならヘッジファンドがおすすめ

ファンドラップが良くないことは分かったけど、資産運用は誰かに任せたいのよね。どうしたらいいのかしら。

 

そうはいっても、資産運用を誰かに任せたいという方には、「投資信託を選ぶだけのファンドラップ」ではなく「プロが代わりに運用してくれるヘッジファンド」がおすすめです。

 

ヘッジファンドのファンドマネージャーは、金融機関などで資産運用を経験してきたその道のプロが務めます。まさに資産運用のプロフェッショナルですね。

 

そして、ヘッジファンドでは、投資信託ではマネできないような非常に専門性の高い運用戦略をとり、絶対収益を追求します。

 

管理人 武田
管理人 武田
米国の富裕層では優秀なファンドマネージャーに資産を預けて運用してもらうのが一般的です。日本でも個人投資家が投資できる優良ヘッジファンドが登場してきました。

 

投資信託とヘッジファンドの決定的な違いとは

運用手法はもちろんのこと、投資信託とヘッジファンドを別物にしているのはそれだけではありません。

 

投資信託とヘッジファンドの決定的な違いは運用へのモチベーションです。

 

ヘッジファンドでは成功報酬があるために投資家の資産を増やすインセンティブがあるのに対し、投資信託では成功報酬がないので投資家の資産を増やす理由がありません。

 

投資信託を運用するファンドマネージャーは会社員であり会社からの給与で生活をしています。資産運用で成果を出しても給与が増えるわけでもないですし、名声が得られるわけでもないのです。

 

管理人 武田
管理人 武田
一方、ヘッジファンドでは成功すれば巨額の報酬と名声が得られます。だからこそヘッジファンドのファンドマネージャーは、人生をかけて死に物狂いで投資家の資産を増やそうとしてくれるのです。

 

表)投資信託とヘッジファンドの違い

投資信託 ヘッジファンド
運用手法 運用手法への制限があり、自由に戦略を選べない。 どんな相場でも常に自由な運用戦略で利益を追求する。
投資家とファンドの利益は一致する? 一致しない。ファンドに投資家の資産を増やす理由がない。 一致する。投資家の資産を増やすことがヘッジファンドの利益に直結する。
ファンドマネージャーの熱意 熱意はない。名前が出ず名声も得られないし、給与も増えない。 高い熱意。成功すれば巨額の報酬と名声が得られる。

 

ヘッジファンドへの出資方法

それでは、ヘッジファンドで資産運用するにはどうすればいいのでしょうか。

 

ヘッジファンドも契約のハードルは高く、最低金額が1000万円以上であることがほとんどです。

 

ファンドラップよりさらに敷居は高いですが、サービスの質が全く違いますので1000万円以上の資金を運用したい方には強くおすすめします。

 

ヘッジファンドに出資するにはホームページから問い合わせて詳細説明を聞く必要があります。ヘッジファンドが気になる方は個別のヘッジファンドを下記ランキングにて紹介していますのでぜひ確認してみて下さい。

 

運用初心者の方に自信を持っておすすめ!!
RELATED POST