BMキャピタル

BMキャピタルは解散していて怪しい?現役出資者がその実態を徹底解説

日本のヘッジファンドの中でBMキャピタルが人気を博しています。

しかし、一方でウェブ上の情報ではBMキャピタルは解散している??といった情報も出てきます。

 

「解散しているなんてBMキャピタルは怪しい・・・?」

これからBMキャピタルへの投資を検討している方は、悩まれる方もいるかもしれません。

 

ですが、安心して下さい。私もBMキャピタルで資産運用していますのでBMキャピタルから解散について直接説明を受けましたが全く問題ない内容でした。

 

BMキャピタルでの運用をご検討中の方の少しでも参考になればと思い、BMキャピタルの解散やその実態について解説していきます。

 

BMキャピタルが解散してるって本当?

真実は・・・

BMキャピタルは本当に解散しているのか?

この噂が真実なのかどうかから確かめていきましょう。

 

法人の履歴は国税庁の法人番号公表サイトで調べることができます。結果はこちらです。

 

 

BMキャピタルはこれまでに4回解散していることが分かります。つまり、BMキャピタルが解散しているのは本当です。

 

何か悪いことしてるの?

会社を解散?何か悪いことをしているのか。
会社を解散して投資家の資金を持ち逃げしているのかしら?

 

解散していると聞くと何か悪いことをしているのではと心配になるかもしれませんが、全く心配する必要はありません。

 

そんなことをしていたらすぐに炎上して問題になっています。BMキャピタルが解散しているのにはきちんとした理由があります。

 

BMキャピタル解散の理由

BMキャピタルの募集の仕組み

BMキャピタルが解散している理由を把握するために、まずはBMキャピタルの出資の仕組みから確認しましょう。

 

BMキャピタルは合同会社の社員権の自己募集という形で投資家を集めています。簡単にいうと合同会社に出資する形となります。

 

なるほど!・・・そう言われてもよく分かりませんよね。一般的な投資信託との違いを表にまとめてみました。

 

BMキャピタル 投資信託
最低投資金額 1000万円 1万円程度
手続き 対面で契約 ウェブから申し込み可
募集できる人数 499人以下 制限なし

 

いくつか違いはありますが、ここで重要なことはBMキャピタルでは投資家の数が499人に限られているということです。

 

順調にいけば投資家の数は増え続けていきますので、いずれ499人の枠を超えてしまいます。つまり、BMキャピタルという会社を1社作り、その1社だけでずっと資産運用し続けていくのは不可能なのです。

 

法を順守するために

悪質な企業であればハッキリ言ってこういった投資家の人数制限など気にしていません。解散しても投資家に不安を与えるだけですから、解散などせず聞こえの良いことだけを言って募集を続けます。

 

一方でBMキャピタルは法を順守しているため、投資家が増え続ける限り組織変更の対応が必要となってきます。BMキャピタルの解散はネガティブな要素ではなく、むしろ投資家の数が増え続けている人気の証拠だと言えます。

 

私もBMキャピタルから初めて解散の説明を受けた時は意外でしたが、法を順守するための組織変更であり、組織変更があったあとも途切れることなくきちんと資産運用され続けているので安心して下さい。

 

BMキャピタルの注意点

BMキャピタルの解散については全く問題ないことが分かりました。募集の仕組みや運営の面では何の問題もありません。

 

しかし、だからといって元本保証という訳ではないのでご注意ください。BMキャピタルは日本の株式で運用しています。株式での運用なので当然損失が出ることはあります。BMキャピタルで運用していて3ヶ月などの短期の期間で実際にマイナスはあります。

 

しかし、年間を通してみれば今の所マイナスはありません。簡単に言ってしまいましたがこれはものすごい運用成績です。とても魅力的な資産の預け先なのは間違いありません。

 

BMキャピタルが倒産したらどうなるの?

BMキャピタルが倒産したら資金はなくなってしまう?

 

BMキャピタルが倒産したら資金はどうなってしまうのか?

気になる人が多いと思うので最後にこちらについて解説していきます。

 

倒産はありえない?

いきなり結論ですが、BMキャピタルの運用方針で倒産することは、まずありえません。

 

なぜならBMキャピタルには借金がありません。投資家からの出資金をもとに自己資金で資産運用しています。レバレッジもかけていません。

 

株で保有していますので損失が発生することはありえますが、無借金経営で特に仕入れ等も必要ありません。倒産することはまずないのです。

 

一般企業の主な倒産理由

売り上げ不振等により、銀行からの借入金の返済ができなくなる。

 

事業がストップしたらどうなる?

仮に何かしらの理由で事業がストップすることがあっても資金はゼロにはなりません。その時点での保有資産を投資家に分配することになります。株での運用が上手くいって入れば増えた資金が、失敗していれば多少減った資金が振り込まれることになります。

 

つまり、BMキャピタルはそもそも倒産することが無いですし、仮に事業がストップしてもその時点での保有資産を投資家で分配しますので資金がゼロにになることはまずありません。運用が上手くいっていれば普通にリターンを受け取れることになります。

 

もちろん投資家としてはBMキャピタルには末永く資産運用を続けてほしいです。事業ストップの理由として考えられるのは健康上の理由などだと思いますが、ファンドマネージャーは若い方で30代です。まだまだ10~20年は全く問題ないと思います。

 

透明性が高い運用報告書

上記のような無借金といった情報は、BMキャピタルから送られてくる運用報告書で分かります。

 

公認会計士の監査も入った運用報告書ですので透明性は非常に高いです。こういった情報開示の姿勢からもBMキャピタルの組織運営がきちんとしていることが伝わってきます。

 

 

BMキャピタルの資産運用は魅力的だけど組織運営が気になっていたという方も、これまで見てきた通りBMキャピタルの募集の仕組みや組織運営には全く問題がありません。

 

BMキャピタルに出資するには、BMキャピタルの公式ホームページから問い合わせる必要があります。出資をご検討中の方は下記ボタンよりBMキャピタルの公式ホームページを確認してみて下さい。