ヘッジファンド

【最新】失敗しない!ヘッジファンドランキング!日本のおすすめファンドはこれだ!

ヘッジファンドで資産運用しようと思った時、次に悩むのがどのヘッジファンドを選べばいいの?ということですよね。

 

ヘッジファンドと一括りにされていますが実際には数多くの種類がありそれぞれ特性が異なります。

 

本記事では、日本のヘッジファンド20社以上を比較検討し、その中でも失敗しにくいヘッジファンド3社を厳選しランキングでご紹介します。

 

「資産運用で失敗したくない」という運用方針の方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

失敗しない日本のヘッジファンドランキング

第1位 BMキャピタル

第1位 BMキャピタル
資産を守ることを投資哲学としたヘッジファンド。日本の中小型株へのバリュー投資を行う。損失を出さないことを理念として、これまで年間でのマイナスなし。平均利回り10%以上を達成している。
総合評価
運用プラン 資産を守ることを投資哲学としており理想の運用プラン
損失のリスク 年間を通してマイナスになったことはなくリスクは極めて小さい
特徴 東大卒・外銀出身のファンドマネージャーが率いる少数精鋭ファンド

公式ページ

✔年間マイナス0回
✔運用利回り10%以上
✔東大卒・外銀出身のファンドマネージャー

 

年間マイナス0回

BMキャピタルの特徴は何といってもマイナスになった年が0回ということです。資産運用でマイナスを出さないことはある意味大きく利益を出すことよりも大変です。

 

しかし、BMキャピタルでは年間マイナス0回を実現しており、この安定感は他のヘッジファンドにはない大きな強みと言えるでしょう。

 

運用利回り10%以上

そして、マイナスを出さないだけではなく創業して以降、平均利回り10%以上と高いレベルで利益を出し続けています。

「マイナスを出さずに利益を積み重ねる」

資産運用で誰もがやりたいことを実現しているのがBMキャピタルです。

 

東大卒・外銀出身のファンドマネージャー

これを実現できている理由はBMキャピタルの優秀なファンドマネージャーにあります。東京大学卒業後、英国投資銀行バークレイズで経験を積んだ金融エリートがファンドマネージャーを務めています。

 

社員も東大や京大卒といったエリートが数多く在籍しており、優秀な少数精鋭のチームだからこそ素晴らしいパフォーマンスを実現できるのだと思います。

 

安定的に資産運用したい方には、BMキャピタルが本当におすすめです。気になる方はぜひBMキャピタルの公式ホームページから問い合わせてみて下さい。

 

 

第2位 ストラテジックキャピタル

第2位 ストラテジックキャピタル
村上ファンドを立ち上げた代表が率いるアクティビストファンド。バリュー株に集中投資を行い、積極的に株主提案を行っていく。情報公開にも力を入れており投資先ごとに専用サイトを開設している。
総合評価
運用プラン バリュー株に投資を行うアクティビストファンド
損失のリスク バリュー株に投資しており比較的リスクは小さい
特徴 村上ファンドを立ち上げた代表が率いる正統派アクティビストファンド

公式ページ

✔代表者は村上ファンド設立者
✔正統派アクティビストファンド
✔投資先情報を詳細に公開

 

代表者は村上ファンド設立者

ストラテジックキャピタルの代表者は、なんとあの村上ファンドの設立者です。東大卒業後、野村證券に入社し、後の村上ファンドとなるM&Aコンサルティングを立ち上げています。

 

正統派アクティビストファンド

日本初のアクティビストファンドと言える村上ファンドで培った経験もあり、まさにストラテジックキャピタルは正統派アクティビストファンドです。

 

バリュー株に投資を行い、モノ言う株主として積極的に働きかけていきます。中長期で見れば安定性が高い運用だと言えます。

 

投資先情報を詳細に公開

そして、ストラテジックキャピタルでは投資先の情報が詳細に公開されています。投資先銘柄や株主提案の内容も細かく提示されています。

 

出資したお金がどこの銘柄に投資されているかは明白なので安心して運用を任せることができます。

 

ストラテジックキャピタルで運用されたい方は、ストラテジックキャピタルの直接募集ではなく、テネオ・パートナーズが販売会社となっておりそちらに問い合わせる形となりますのでご注意ください。

 

 

第3位 ニュー・アルフェックスロングショートファンド

第3位ニュー・アルフェックスロングショートファンド
ベイビューアセットマネジメントが展開しているロングショートファンド。中小型株のロングをメイン、大型株のショートをサブとし、市場環境に左右されない絶対収益を追求している。
総合評価
運用プラン 中小型株から大型株まで対象としたロング・ショート運用
損失のリスク ロングとショートを組み合わせる戦略のためリスクは比較的小さい
特徴 多数のファンドを取り扱うベイビューアセットマネジメントが展開

公式ページ

✔絶対利益を追求するロング・ショート運用
✔6年半でシャープレシオ1.39
✔ベイビューアセットマネジメントが展開

 

絶対利益を追求するロング・ショート運用

どんな相場でも利益を追求するために、ロング・ショート運用が採用されています。株の「買い」と「売り」を組み合わせることであらゆるマーケット環境に対応することを目指しています。

 

一般的な投資信託では「買い」のみのことが多いのでヘッジファンドの強みを活かした運用戦略となっています。

 

6年半でシャープレシオ1.39

ニュー・アルフェックスロングショートファンドは6年半でシャープレシオ1.39という素晴らしいパフォーマンスを残しています。中々分かり辛いかもしれませんが、シャープレシオはリスクに対してどれだけリターンが出たかを示しています。

 

1を超えると取っているリスクよりも得られているリターンの方が大きいという意味ですので、1.39は安定運用で良いリターンを得られている証拠です。

 

ただ単純に利回りが良いファンドよりも、シャープレシオが良いニュー・アルフェックスロングショートファンドには安心して運用を任せることができます。

 

ベイビューアセットマネジメントが展開

こちらのニュー・アルフェックスロングショートファンドはベイビューアセットマネジメントが展開しています。

 

ベイビューでは公募・私募問わずたくさんのファンドが販売されています。私募ファンドでは直接詳細説明を聞く必要があるのでそれがめんどうだという方はぜひ公募ファンドも検討してみて下さい。

 

 

ヘッジファンドランキング番外編

続いてご紹介するのはヘッジファンドランキングの番外編です。

 

ヘッジファンドが上手くいくか失敗するか運命を決めるのはファンドマネージャーです。運用を成功させたファンドマネージャーは創造を超える成功報酬を得ています。

 

では、彼らはいったいどれくらいお金持ちなのでしょうか。気になるファンドマネージャーの長者番付ランキングをご紹介します。

 

第1位 ウォーレンバフェット

◆資産額:10兆5600億円

◆長者番付6位

◆オマハの賢人として知られる

◆世界最高の投資家

◆バークシャー・ハサウェイを経営

 

第2位 ジム・シモンズ

◆資産額:2兆7060億円

◆長者番付68位

◆クオンツ・ファンドのルネッサンステクノロジーズを創業

◆大学の数学科の教授や戦時中は暗号解読者を務めるほどの数学者

◆「最も賢い億万長者」と称される

 

第3位 スティーブン・シュワルツマン

◆資産額:2兆4090億円

◆長者番付79位

◆世界最大のPEファンド「ブラックストーン・グループ」の共同創業者

◆イェール大学時代はジョージ・ブッシュ元大統領と学友

◆トランプ政権時代には大統領戦略政策フォーラムの議長も務める

 

第4位 アビー・ジョンソン

◆資産額:2兆2990億円

◆長者番付85位

◆米国を代表する投資会社フィデリティ・インベストメンツの会長兼CEO

◆「世界で最も影響力のある女性100人」に7年連続で選出

◆フィデリティは祖父のエドワードC・ジョンソンが設立

 

第5位 レイ・ダリオ

◆資産額:2兆2330億円

◆長者番付88位

◆世界最大のヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエイツ」の創業者

◆16兆円以上を運用しヘッジファンド界の帝王と呼ばれる

◆2008年のリーマンショック時においてもプラスの運用成績

 

輝かしい経歴、素晴らしい経歴の方ばかりで、どうしても違う世界の話に思えてしまいますね。ですが、ヘッジファンドで資産運用することでこういった超優秀なファンドマネージャーの力を借りることができるのです。

 

資産運用するならヘッジファンドの力を借りない手はありません。日本にも優秀なファンドマネージャーはいますのでぜひヘッジファンドでの運用を検討してみて下さい。

 

日本のヘッジファンドランキングに戻る